2人死亡危険運転、懲役11年 水戸地裁「無責任」と非難

共同通信 2024年5月24日 18:16

 2022年に茨城県高萩市で車を飲酒運転し対向車線の車と衝突して2人を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた同県北茨城市、会社員小林翔被告(28)の裁判員裁判で、水戸地裁は懲役11年(求刑懲役14年)の判決を言い渡した。

 有賀貞博裁判長は判決理由で、前夜の飲酒でアルコールが残っている可能性を認識しながら、草野球の試合に間に合わせるため運転し、高速で走行しても速度メーターを見なかったとし「交通安全の意識に欠けた態度は無責任だ」と非難した。

 危険運転致死の事案でかなり重い部類に属するとした一方、飲酒運転撲滅の活動団体に寄付をした事情も考慮した。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧