防衛省、辺野古サンゴの移植開始 県の許可踏まえ

共同通信 2024年5月24日 18:08
 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=24日午後、県庁
 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=24日午後、県庁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古の埋め立て対象海域にあるサンゴを巡り、防衛省は24日、移植に向けた採捕を始めたと発表した。坂本哲志農相が17日に採捕を許可するよう指示する文書を出し、県が23日に応じていた。

 県は埋め立て工事に反対しているが、国は1月、軟弱地盤の広がる大浦湾側の埋め立てに着手しており、玉城デニー知事は23日に「埋め立て区域に存する多くのサンゴ類を保護する観点から、許可せざるを得ないと判断した」とのコメントを発表した。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧