3月の県知事選の投票率、20代前半が19%で最低 最高は70代前半の66% 熊本市選管が初推計 

熊本日日新聞 2024年5月24日 22:30
3月の県知事選の投票率、20代前半が19%で最低 最高は70代前半の66% 熊本市選管が初推計 

 熊本市選挙管理委員会は、3月にあった熊本県知事選での年代別の推計投票率を初めてまとめた。最も高かったのが70代前半の66・54%、最も低かったのが20代前半の19・12%で、47・42ポイントの開きがあった。投票率は年代が上がるとともに高くなる傾向にあり、若い世代の低さが改めて浮き彫りとなった。

 県選管によると、県知事選の年代別投票率は国への報告が求められておらず、県や市町村が集計した事例はないという。

 市内150投票所の中から、標準的な投票率を示している投票所を各区1カ所ずつ抽出して集計した。各年代で2番目に高かったのは60代後半の65・73%、続いて70代後半の63・52%だった。2番目に低かったのは20代後半の26・27%、3番目は19歳の28・38%で、若い世代の低さが顕著だった。

 一方、18歳は37・57%と10~30代で最も高かった。市選管は「18歳にとって初めての選挙。主権者教育を受け、選挙への関心が高かったのでは」と分析。若い世代の投票率向上に向け、「主権者教育を地道に続けるとともに、国や県、他都市の施策を研究したい」としている。年代別の推計投票率は今後の地方選挙でも公表するという。

 今回の県知事選で、県全体の投票率は49・63%、熊本市は45・72%。2020年の前回を、県全体は4・60ポイント、熊本市は6・04ポイント上回った。(臼杵大介)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
選挙熊本