イラン墜落、「視界ゼロ」で激突 大統領予定優先で飛行

共同通信 2024年5月22日 21:01
 イランのライシ大統領を乗せて飛び立つヘリコプター=19日、イラン・アゼルバイジャン国境付近(WANA提供・ロイター=共同)
 イランのライシ大統領を乗せて飛び立つヘリコプター=19日、イラン・アゼルバイジャン国境付近(WANA提供・ロイター=共同)

 【テヘラン共同】イランのライシ大統領が死亡したヘリコプター墜落事故で、軍と革命防衛隊の調査チームが初期段階の報告書をまとめたことが22日、分かった。パイロットが分厚い雲の中で「視界ゼロ」に陥り、雲から抜け出そうと高度を上げたが、山に激突した。事前に悪天候の予報も出ていたが、大統領の予定を優先し、一行が飛行を決断していた。事故の詳細が明らかになるのは初めて。

 報告書の内容を共同通信が確認した。調査チームは20日に事故現場に入り、調査を開始した。関係者への聴取や機体の残骸を調べている。

 報告書によると、事故前日18日、政府の気象予報機関は気象条件が飛行に「適していない」と指摘し、当日19日も同様だった。ライシ師がアゼルバイジャン国境地帯で行われる共同開発ダムの落成式に出席するため、ヘリはまず、北西部タブリーズからホダアファリンまで飛行した。

 落成式後、空はより分厚い雲に覆われていたが、ライシ師にはタブリーズで行われる式典に出席する次の予定が組まれていた。このため大統領一行はヘリでタブリーズに戻ると決断した。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「国際」記事一覧