ガザにルーツ14歳、攻撃停止を 福岡で会見「関係ない人が犠牲」

共同通信 2024年5月22日 21:11

 パレスチナ自治区ガザ最南部ラファでのイスラエル軍の攻撃激化を受け、ガザ出身の両親を持つ福岡市の中学3年エルジャマル・モハメドさん(14)は22日、市内で記者会見し「犠牲になっているのは戦争に関係ない人ばかり」と述べ、攻撃停止を訴えた。

 モハメドさんの父方の曽祖母は、ガザの避難所で爆撃を受けて亡くなった。祖父母や親戚も避難しており「食べ物や水、電気がない」状況という。

 モハメドさんの姉で高校2年のエルジャマル・アヤさん(16)も同席し「ラファは(ガザの他の地域から多くの人が)避難している場所。安全だと思っていた場所が攻撃された。ガザにはもう安全な場所はない」と怒りをあらわにした。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧