道路舗装、新たに違反12件 NIPPOが原因調査

共同通信 2024年5月22日 20:39

 道路舗装大手のNIPPO(東京)が国などから請け負った補修や改良の道路工事計21件で契約違反が見つかった問題で、同社は22日、新たに12件の工事でも違反があったと発表した。新品のみを使う指定に反して再生品を混ぜていた。調査委員会を立ち上げて原因を調べ、7月末をめどに報告する予定という。

 NIPPOによると、国や高速道路会社6社から発注を受けた工事のうち、2022年5月以降に完成した工事など計184件を対象に調査した結果、33件で再生品の混入を確認した。うち21件は4月に発表していた。

 再生品は全国18の子会社で製造し、現場に納入されていた。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧