プロジェクター、売却検討 パナHD、数百億円規模で

共同通信 2024年5月22日 20:09

 パナソニックホールディングス(HD)が、業務用大型プロジェクター事業の売却を検討していることが22日、分かった。売却額は数百億円規模とみられる。売却によって得た資金を成長分野への投資に集中させる狙いがあるもようだ。

 業務用の大型プロジェクターは、HD傘下のパナソニックコネクトの事業。業務用の高級なプロジェクター分野では世界的に高いシェアを持つ。2021年に開催された東京五輪・パラリンピックの会場でも使用された。

 24年3月期の業務用プロジェクターなどの売上高は734億円だった。パナソニックHDは、課題がある事業を洗い出す作業を進めている。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧