戦前の優勝杯見つかる サッカー、慶応大から返還

共同通信 2024年5月22日 19:28
 返還された「大日本蹴球協会杯」=22日、東京都文京区
 返還された「大日本蹴球協会杯」=22日、東京都文京区

 1935~40年に全日本蹴球選手権(現サッカー天皇杯全日本選手権)の優勝チームに授与されていた「大日本蹴球協会杯」が横浜市にある慶応大の合宿所で見つかり、22日に東京都内の日本サッカー協会で返還式が行われた。台座を含めて高さ21センチ、幅25センチ。重さは2・48キロ。杯には「純銀」の刻印がある。

 戦時下の供出を免れた貴重な資料で、日本サッカー協会の宮本恒靖会長は「非常に驚いている。見つかった後、磨いていない。それが重みを増幅させている」と話した。

 40年の第20回大会で慶応大の卒業生と学生からなる慶応BRBが優勝した。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「スポーツ」記事一覧