高瀬裏川ハナショウブの帯 玉名市で見頃

熊本日日新聞 2024年5月22日 20:00
見頃を迎えた高瀬裏川水際緑地一帯のハナショウブ=21日、玉名市
見頃を迎えた高瀬裏川水際緑地一帯のハナショウブ=21日、玉名市

 玉名市の高瀬裏川水際緑地一帯のハナショウブが見頃を迎え、紫や白の美しい花が見物客を楽しませている。

 一帯の川沿いは約700メートルにわたり、ハナショウブが植えられている。21日は見物客が遊歩道や石橋の上から帯のように見える花を見つめ、鮮やかな色彩に癒やされていた。15年ぶりに訪れたという熊本市中央区の主婦貞光晴代さん(80)は「色のグラデーションがきれいで、生きる力をもらった」と笑顔で話した。

 一帯では6月1日まで「髙瀬裏川花しょうぶまつり」を開催。日没から午後10時まで、ハナショウブをライトアップする。25日はメインイベントの野外コンサートなどがある。(岡本遼)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース