ブーゲンビリア運河沿い彩る 八代市日奈久 「父の日」限定風呂も

熊本日日新聞 2024年5月22日 19:59
色づいた運河沿いのブーゲンビリア=19日、八代市
色づいた運河沿いのブーゲンビリア=19日、八代市

 八代市日奈久下西町の運河沿いのブーゲンビリアが深紅や紫に色づき、見物客を楽しませている。色づくのは花の周囲から伸びた苞葉[ほうよう]。満潮時は水面に鮮やかな色が映り、撮影スポットとしても注目を集めるという。6月末ごろまで楽しめる。

 近所の吉田隆義さん(78)によると、一帯は約20年前までカヤが生い茂り、ごみの投棄も多かった。景観を良くして地域活性化につなげようと、吉田さんが挿し木で育てたブーゲンビリアを植樹。今では運河沿い約500メートルに300本ほどが並び、大きいものは高さ4メートルに成長している。吉田さんは「6月初旬にかけてさらに色づく。ぜひ見に来てほしい」と話す。

 「父の日」の6月16日には、温泉センターばんぺい湯の露天風呂で、一日限定の「ブーゲンビリア風呂」を楽しめる。潮濱秀明支配人(47)は「新しい観光スポットである並木と、温泉地として長い歴史がある日奈久に関心を持ってくれたらうれしい」と話している。(上島諒)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース