沖縄戦司令部壕の内部写真公開 4年ぶり、「慰霊の日」控え

共同通信 2024年5月22日 18:27
 旧日本軍第32軍司令部壕の第2坑道で崩落した天井部分=12日、那覇市(代表撮影)
 旧日本軍第32軍司令部壕の第2坑道で崩落した天井部分=12日、那覇市(代表撮影)

 首里城(那覇市)の地下に掘られ、1945年の沖縄戦で軍事的中枢だった旧日本軍の第32軍司令部壕について、報道各社の代表が4~5月に撮影した内部の写真が22日公開された。沖縄県が壕内を報道公開したのは2020年以来4年ぶり。

 県は25年度以降の段階的な一般公開を目指し、安全性の調査を進めている。沖縄戦で組織的戦闘が終結したとされる6月23日の「慰霊の日」を控え、一般公開に向けた機運を高めるとともに、平和学習のきっかけにしてもらいたい考え。

 壕は総距離が約1キロとされ、今回は首里城守礼門の地下周辺にあった第2坑道と第3坑道のうち、崩落が少ない約110メートルの範囲を公開。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧