フィリピン軍司令官、密約否定 中国の「情報操作」非難

共同通信 2024年5月22日 16:59

 【マニラ共同】南シナ海のアユンギン礁を巡り中国の緊張激化防止策に同意したと報じられたフィリピン軍の当時の西部方面隊司令官カルロス氏が22日、上院の公聴会で証言した。中国側が通話を無断録音して暴露し、情報操作に悪用したとして非難。「私が中国側と密約を交わしたとの情報は完全な誤りだ」と反論した。中国との対立がさらに深まりそうだ。

 フィリピン政府は、通話を無断録音し偽情報を拡散したとして、中国大使館員を国外追放する方針を発表している。公聴会に出席した法務省高官は、通話の無断録音を禁じる国内法に違反した疑いが証言で裏付けられたと説明した。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「国際」記事一覧