車載電池、27年度に黒字化 パナHD社長、米補助除き

共同通信 2024年5月22日 02:02
 合同インタビューに応じるパナソニックHDの楠見雄規社長
 合同インタビューに応じるパナソニックHDの楠見雄規社長

 パナソニックホールディングス(HD)の楠見雄規社長(59)は21日までに共同通信などのインタビューに応じ、電気自動車(EV)向け車載電池事業が、米政府からの補助金の利益押し上げ効果がなくても2027年度までには黒字化するとの見通しを示した。「国内自動車メーカーの需要が上向けば、利益が出る」と述べた。

 9日に発表したパナソニックHDの24年3月期連結決算の純利益は米政府の補助金が寄与し、前期比67・2%増の4439億円だった。過去最高益を達成したが、補助金を除くと、車載電池事業の営業損益は赤字だった。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧