ロシア、戦術核想定の演習開始 ウクライナ侵攻拠点で

共同通信 2024年5月22日 17:15
 戦術核兵器の使用を想定した演習のため、整備されるTu22M3戦略爆撃機。ロシア国防省が21日、画像を提供した(AP=共同)
 戦術核兵器の使用を想定した演習のため、整備されるTu22M3戦略爆撃機。ロシア国防省が21日、画像を提供した(AP=共同)

 ロシア国防省は21日、ウクライナ侵攻の拠点となっている南部軍管区で戦術核兵器の使用を想定した演習の第1段階を開始したと発表した。戦術核の使用も辞さない姿勢を示すことで、ウクライナへの軍事支援を続ける欧米をけん制する狙い。

 国防省は、軍最高司令官であるプーチン大統領の指示により、欧米首脳らの「挑発的発言や脅迫」に対応して領土と主権を守るのが目的だと説明した。「非戦略核兵器」の部隊と装備の即応性を保つとしている。

 核弾頭搭載可能な弾道ミサイル「イスカンデル」の部隊が「特殊な弾薬」を装備して指定の地域に秘密裏に移動する訓練や、空軍部隊が極超音速ミサイル「キンジャル」などに「特殊な弾頭」を装備して出撃する訓練を実施。イスカンデルやミグ31戦闘機が演習に参加する映像も公開した。

 国防省は今月6日、戦術核使用を想定した演習の準備に入ったと発表。プーチン氏は9日の対ドイツ戦勝記念日軍事パレードで演説し「戦略部隊は常に戦闘準備ができている」と述べていた。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「国際」記事一覧