プレミアム会員限定

「災害時、障害者は取り残される」くまもと障害者労働センターの倉田代表が警鐘 能登の避難状況聞き取り【熊本・能登 重なる課題】

熊本日日新聞 2024年5月20日 22:30
石川県輪島市の大規模火災現場の前に立つくまもと障害者労働センターの倉田哲也さん=4月中旬(本人提供)

 くまもと障害者労働センター(熊本市東区)代表で、自身も両腕と言語に障害がある倉田哲也さん(57)=東区=は4月中旬、能登半島地震で被災した石川県を自ら運転する車で訪れ、障害者の避難状況などを聞き取った。熊本地震などから改善は感じられず、「...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 879字(全文 999字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本地震