熊本市立中の共通標準服、デザイン決定 2025年度導入 男女区別ない3スタイル、多様性に配慮

熊本日日新聞 2024年5月18日 22:00
熊本市教育委員会が2025年度から市立の全42校で導入する共通標準服。左はスラックス、右はスカート(市教委提供)
熊本市教育委員会が2025年度から市立の全42校で導入する共通標準服。左はスラックス、右はスカート(市教委提供)
共通標準服の夏服のポロシャツ(市教委提供)
共通標準服の夏服のポロシャツ(市教委提供)

 熊本市教育委員会が2025年度に市内の全42中学校で導入する、共通標準服(制服)のデザインが決定した。「水の都・熊本市」をイメージし、青や水色を基調にデザイン。多様性や機能性の観点から、生徒の選択肢を広げる。各校の既存の制服はそのまま残し、生徒はどちらも着用できる。

 共通標準服はスラックス、スカート、キュロットスカートの3スタイルでいずれもグレーのチェック柄。スカート、キュロットスカートは青や水色、白のチェックラインが入る。冬服は紺のブレザー、夏服はポロシャツで白と紺の2種類がある。いずれも男女の区別はなく自由に選べる。動きやすさや手入れのしやすさも特徴という。

 市教委は3月、三つのデザイン案を示して市内の小学4~6年と中学1、2年、保護者、中学校の教職員にアンケートを実施。1万9713票の投票のうち、最多の8753票を獲得した案を採用した。リボンやネクタイの色は数種類の中から各校が決める。

 熊本市中学校長会が21年度、市教委に共通標準服の導入を提案した。各校で「女子もスラックスがはきたい」「動きやすいポロシャツにしてほしい」といった意見が寄せられたという。市教委が昨年4月に小中学生や保護者らに実施したアンケートでも、現在の制服と共通標準服を選べることについて、「選べた方がよい」「どちらかと言えば選べた方がよい」が計68%を占めた。

 市教委教育政策課は「共通標準服であれば市内で転校しても買い替える必要がなくなり、リユースの促進にもつながる。制服メーカーの競争も促され、価格も従来の制服より抑えられる可能性がある」と期待している。

 市内の全42校の制服の内訳は、男子はブレザー8校、詰め襟(学ラン)35校。女子はブレザー13校、セーラー服30校で一部併用している学校がある。

 共通標準服について、市内の中学1年の男子は「制服が学ランなのでブレザーを着てみたい」。別の中学校の2年の女子生徒は「スカートが苦手な女子もいるので選択肢があるのはいいと思う。キュロットやスラックスは動きやすそう」と興味津々だった。

 市教委によると、共通標準服の導入は福岡市や北九州市、神戸市など全国で広がっている。県内でも八代市立の全中学校で24年度から選択可能になり、宇土市は25年度から市立の全中学校で導入する予定。(後藤幸樹)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の教育・子育て