見て触って! 若者のアイデア 熊本大工学部サークルが展示 JR熊本駅前で半導体産業PRイベント

熊本日日新聞 2024年5月18日 18:27
国の形のパーツを手で触り、音声で国名を学べる盲学校用の教材を体験する子ども(右)=18日、熊本市西区
国の形のパーツを手で触り、音声で国名を学べる盲学校用の教材を体験する子ども(右)=18日、熊本市西区

 熊本大工学部の公認サークル2団体が18日、JR熊本駅前広場(熊本市西区)であったイベントで、自ら開発した盲学校用の教材や拡張現実(AR)のアート作品を展示。来場した親子連れなどは、若者の技術力やアイデアに驚いていた。

 目が不自由な子どもたちの学習教材を手がける「Soleil(ソレイユ)」は、国の形をしたパーツを手で触ると、国名が読み上げられる世界地図などを出品。代表で3年の山川遼空[りょうた]さんは、「人や社会を豊かにする物作りの楽しさを伝えたい」と話した。

 ARのゲームなどを開発する「KuMA(クマ)」は、参加者がゴーグル型端末を装着して手などを動かすと、目の前の映像に立体的な絵を描ける作品の体験ブースを設置。開発に携わった4年の斧口紘也さんは「新しい技術は使う人のアイデア次第で無限の可能性がある」とアピールした。

 イベントは熊本県内の半導体産業をPRしようと、経営コンサルティングなどを手がけるデロイトトーマツグループ(東京)が新拠点「熊本半導体ビジネス室」の開設を記念して開催。県内企業のブースも並んだ。(堀江利雅)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の教育・子育て