タンク給水車、次は火災現場へ走れ 熊本地震や豪雨で被災者支援に活躍 特殊車両メーカー、大津町に寄付 

熊本日日新聞 2024年5月18日 19:27
寄付されたタンク給水車にためた水を放水する消防団員ら=17日、大津町
寄付されたタンク給水車にためた水を放水する消防団員ら=17日、大津町
金田英樹町長から感謝状を受け取るイズミ車体製作所の國武幸弘社長(右)=17日、大津町
金田英樹町長から感謝状を受け取るイズミ車体製作所の國武幸弘社長(右)=17日、大津町

 特殊車両メーカーのイズミ車体製作所(大津町)は17日、2トンタンク給水車を大津町に寄付した。町消防団が火災現場へ大量の水を運べるようになり、消火栓がない地域などでの活動の充実が期待される。

 給水車は2016年の熊本地震の際、同業者の極東開発工業(大阪)が、大津町の被災企業支援でイズミ車体に寄付。西原村や南阿蘇村でも給水を支援した。その後、日本赤十字社熊本県支部に寄付され、20年の熊本豪雨では球磨村で活躍した。24年3月にイズミ車体へ戻り、今回、大津町に寄付された。

 同町では昨年度、16件の火災が発生。うち6件が消火栓などの消防水利が確保しづらい地域だった。山林や田畑も多く、延焼が懸念される場所もある。町防災交通課によると、全国でタンク給水車を持つ消防団は珍しいという。

 この日は町役場で、金田英樹町長がイズミ車体の國武幸弘社長に感謝状を贈呈した。金田町長は「防災機能の向上と住民の安心安全に寄与する」と感謝。國武社長は「町民の身体と財産を守ってほしい」と話した。(草野太一)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本地震