豪雨災害に備えよ 県防災センターで図上訓練 自治体職員ら290人が参加

熊本日日新聞 2024年5月15日 20:10
豪雨災害を想定し、被害状況を確認する職員ら=15日、熊本市中央区
豪雨災害を想定し、被害状況を確認する職員ら=15日、熊本市中央区

 出水期を前に、豪雨災害を想定した熊本県や自治体職員らの図上訓練が15日、熊本市中央区の県防災センターであった。山鹿市など7市町のほか消防や警察、病院など31機関から約290人が参加し、災害発生時における対応の手順を確認した。

 熊本豪雨と同等の大雨に見舞われ、河川氾濫や土砂崩れといった被害が県内で多数発生しているとの想定。職員らは緊迫した面持ちで「あさぎり町で4世帯が孤立」「消防隊が屋上避難者10名の救出に向かいます」などとアナウンスし、情報を共有した。防災システムに被害状況を入力したり、地図で孤立集落を確認したりしてそれぞれの担務内容を確認していた。

 訓練は県内の45市町村を7グループに分け、2021年から毎年実施している。今回は県外の自治体や総務省など12機関から約25人が視察した。(遠山和泉)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
防災くまもと