プレミアム会員限定

原告ごとの水銀被害や疫学重視の判断の重要性主張 水俣病被害者互助会訴訟の控訴審 福岡高裁

熊本日日新聞 2024年5月15日 19:59
弁論前の集会で、水俣病の患者認定を求めて決意を述べる佐藤英樹原告団長(右端)ら=15日、福岡市

 水俣病の胎児性・小児性患者と世代が重なる水俣病被害者互助会の7人が熊本、鹿児島両県に患者認定を求めた控訴審の口頭弁論が15日、福岡高裁(高瀬順久裁判長)であり、岡山大大学院の頼藤貴志教授(環境疫学)が意見書で、原告ごとのメチル水銀被害や疫...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 347字(全文 467字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
水俣病