熊本市の保育所への入所申し込み、10月からに1カ月前倒し あっせん期間確保で「保留児童」の減少狙う

熊本日日新聞 2024年5月15日 18:39
熊本市の保育所への入所申し込み、10月からに1カ月前倒し あっせん期間確保で「保留児童」の減少狙う

 熊本市は15日、市内の保育所への入所申し込みの開始時期について、今年から従来より1カ月前倒しして10月にすると明らかにした。希望する保育所に入れずに入所を見合わせている「保留児童」を減らす狙い。この日、直近の入所状況を公表し、熊本日日新聞の取材に答えた。

 保留児童は「隠れ待機児童」とも呼ばれる。2024年度(4月1日現在)は422人で、23年度より37人増えた。ここ10年の推移を見ると、15年度の801人から、17年度は373人まで減少。その後は、300人台から500人台の間で増減を繰り返している。

 市内には定員に満たない保育所があるものの、施設が古い、自宅や職場から遠い、といった理由で、入所を見合わせるケースも少なくない。

 こうした現状を踏まえ、市は入所申し込み時期を、11月から10月に早めることにした。支援員による保護者と保育所のあっせん期間を長くし、受け入れ先を探す環境を整える。

 保育幼稚園課は「家庭でそれぞれの事情があり、保留児童をゼロにするのは難しいが、希望の多い保育所には定員増もお願いして、保留児童の減少に努める」としている。

 一方、保育所などに入所できない「待機児童」は24年度、1人もいなかった。20年度から5年間ゼロが続いている。(臼杵大介)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本の教育・子育て