新八代駅からの「2次交通」を強化 AIバスや貸自転車、予約アプリも開発 八代市

熊本日日新聞 2024年5月15日 22:30
新八代駅とくまモンポート八代を結ぶAIバス=3日、八代市
新八代駅とくまモンポート八代を結ぶAIバス=3日、八代市

 八代市が3月以降、JR新八代駅を起点に新たな交通手段を増やしている。人工知能(AI)で最適ルートを走るバスの運行を始め、貸自転車の拠点を設けた。予約用のウェブアプリも提供。弱みだった駅から市内各所への〝足〟を確保し、市民や観光・ビジネス客の利便性を高める。

 新八代駅は新幹線や在来線のほか、熊本空港や宮崎駅行きバスが発着する熊本県南の交通結節点。ただ、市中心部から約4キロ離れ、路線・循環バス、乗り合いタクシーの乗り入れは4系統のみ。クルーズ船受け入れ拠点「くまモンポート八代」までの公共交通がないのも課題だった。

 市などが5月3日から実証実験として走らせるAIバスは、28人乗り1台が土日祝日の午前9時~午後5時、くまモンポートまで4往復する。中心部など途中3カ所に停留所を設け、料金は1日乗り放題で1人2千円(アプリ予約1500円、小学生以下無料)。8月5~23日は平日(水曜日除く)も運行する。

 市地域政策課は「新八代駅は2次交通が弱く、くまモンポートは八代港のにぎわい拠点だが、公共交通手段がなかった。10月まで2カ所を結ぶ路線を設けて利用状況を検証し、事業化の判断材料にしたい」と説明する。

「アウトドアステーションやつしろ」で貸し出す電動キックボード(右)と電動アシスト付き自転車=7日、八代市
「アウトドアステーションやつしろ」で貸し出す電動キックボード(右)と電動アシスト付き自転車=7日、八代市

 AIバスだけでなく、近距離移動に適した交通手段も登場した。3月、駅東口隣に「アウトドアステーションやつしろ」を開設し、電動アシスト付き自転車を1時間500円で貸し出す。5月からは電動キックボード(3時間2千円)も追加し、主に中心部を巡ってもらう。

 複数の交通手段を手軽に使うため、一連の情報をまとめたウェブアプリ「やつしろモビリティ」も開発。AIバス、自転車、キックボードの予約に加え、鉄道や既存バスの時刻表、市内の観光情報を調べられる。

 JR九州の資料によると、2022年度の新八代駅の乗車人員は1751人(1日平均)で市内最多。市が3月に発表した周辺のまちづくりグランドデザイン(基本構想)では、駅北東に大規模集客施設を整え、県南の人流・物流拠点化するとした。市地域政策課は「新八代駅から使える交通手段を充実させ、構想の実現につなげたい」としている。(河内正一郎)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース