プレミアム会員限定

「隔離の壁が偏見を社会に生成し続けた」 菊池恵楓園入所者の外出実態を研究 歴史資料館の原田寿真学芸員

熊本日日新聞 2024年5月3日 19:24
国立ハンセン病療養所菊池恵楓園の北側に現存する「隔離の壁」。原田寿真学芸員がまとめた論文では、壁を乗り越えて外出していた実態を入所者が証言している=4月12日、合志市

 国立ハンセン病療養所菊池恵楓園(合志市)にある歴史資料館の原田寿真学芸員(38)が入所者の園外への外出の実態を研究し、論文にまとめた。外出できる環境であっても、社会との心理的な隔絶が原因で退所できなかった歴史を考察。国立ハンセン病資料館(...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 718字(全文 838字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
ハンセン病